沿革

1898年以来続けてきた、旅の改革

ビンテージな木製からクラシカルなアルミニウム製、 そしてハイテクなポリカーボネート製へ。Rimowaは常に、よりよい旅の形を模索してきました。3世紀 に渡る歴史の中で、Rimowaにはさまざまな変化がありました。しかし、Rimowaの真髄は変わることなく存在し続けています: 旅を愛する人に、最高のトラベルソリューションを提供します。

1898年

Rimowaの歴史は、 ケルンにあるスーツケース工場に遡ります。

開業した当初は家族経営の小さな工場でした。最初の 製品は、軽さと頑丈さが 特長の木製スーツケースでした。

1937年

初めてのアルミニウム製トランクは、創業者の息子、リヒャルト・モルシェック(Richard Morszeck)が生み出しました。 不朽のブランド名「Rimowa」は、彼の名前の頭文字が由来です。

1950年

Rimowaの象徴、グルーヴ デザインの誕生

航空機の黎明期にインスピレーションを受けアルミニウム製スーツケースに特徴的なグルーヴデザインを施しました。グルーヴは、 ジェット機で世界を飛び回る人達のシンボルとなると同時に、世界初のフル金属旅客機へのオマージュとなりました。 (もちろん、その航空機もドイツ製です)

1976年

プロの機材を守るための防水ケースを開発

RimowaのTropicanaデザインは、映画撮影クルーや写真家やレポーターの繊細な機材を、 熱帯の湿気や北極の寒さから守ります。

2000年

「手作りとハイテクの融合」:
当社初のポリカーボネートラゲージ

究極の耐久性

灼熱のアラブから極寒のアイスランドまで

軽くて丈夫

持ち運びしやすく、非常に頑丈

安全保証


TÜV Rheinlandの2回の検品

2001年

Rimowaは特許取得のマルチホイールシステムを完成。
8個のホイールにより360度どの方向にもスムーズに方向転換できます。

2006年

TSAロックを導入し、セキュリティを強化しました。
抜き打ちセキュリティ チェックの際に荷物を簡単に開けるための、世界的に導入されているロックです。

2008年

新たに多数のコレクションと カラーバリエーションが追加されました。

2011年

最軽量のラゲージ、Salsa Airをデザイン

2012年

アルミニウム製スーツケースの製造開始から75周年

オリジナル グルーヴ付きラゲージにとって記念すべき節目です。ブランドで受け継がれてきたクラシカルなデザインが、およそ80年前に誕生しました。

2016年

チェックインに革命を起こすelectronic tag

RimowaのTropicanaデザインは、映画撮影クルーや写真家やレポーターの繊細な機材を、 熱帯の湿気や北極の寒さから守ります。

2018

120周年、進化し続けるRimowa

新しく生まれ変わったRimowaブランドをご覧ください。新しいモノグラムは、ケルン大聖堂の2本の尖塔をモチーフにしています。また新しいロゴは、将来への希望を抱きながらも、現在のRimowaを築き上げた道のりを振り返るものです。