デイヴ・フランコによる RIMOWA x Garrett Leight
デイヴ・フランコによる RIMOWA x Garrett Leight
ストーリートップに戻る
DESIGN |

デイヴ・フランコによる RIMOWA x Garrett Leight

パイオニアとは、物事の新しい方法を最初に探求する人を表します。 デイブ・フランコは、リモワとギャレット・レイト・カリフォルニア オプティカル(GLCO)の初めてのコラボレーションの新しいキャンペーンフィルムディレクターとして、この型破りな精神を受け入れました。ショートフィルム用に特別に製作されたスーツケース スケートボードも登場する「Le Pionnier」と題されたこのショートフィルムは、ベニスビーチで最も活気のある通りに沿って撮影され、カリフォルニア海岸のオフビートな性質を称賛しています。

 

 

 

 

 

 

 

キャンペーンムービーというよりもショートフィルムのような、キャラクター主導のこのフィルムについて、フランコは「ベニスビーチを訪れ、この辺りのスケート文化に夢中になったパリジャンを追いかけている」と述べています。 地元のスケータークルーがかけているRIMOWA x Garrett Leight のゴールドメタル サングラスから、俳優のスペンサー・グラスが乗るリモワのオリジナルスーツケース スケートボードに至るまで、コラボレーションやクラシックなリモワのコレクションが物語の一部となっています。

 

 

ショートフィルムのスケートシーンを捉える際のインスピレーションとして、フランコは、初期のスパイク・ジョーンズのビデオを挙げています。 「彼のビデオはとても革新的で、常にトリックの真正性を捉えながら、すべてを洗練された映画のように見せている」とフランコは述べています。 また、ベニスビーチのスケートパークをホームと呼ぶローカルの人々を捉えていることも重要なポイントです。 「可能な限り多くのベニスビーチのローカル スケーターたちを雇って、コミュニティを代表するような映像として敬意を表せるように、彼らにも頼りながら撮影をしたんだ。」

 

 

この風変わりなショートフィルムには、リモワとギャレット・レイトという2つのブランドのヘリテージも要素として含まれています。 「ギャレット・レイトのベニスビーチやカリフォルニアのルーツを表現する方法を見出す一方で、リモワのヨーロッパ的な感性も取り入れたかった」とフランコは説明しています。 ギャレット・レイトのクラシックなアイウェアの愛好家であり、また、リモワの長年のファンでもあるフランコは、このコラボレーションによって具現化された前向きな考えに惹かれたと語っています。

 

 

コレクションを見る

 

 

alt1
alt2
alt3
alt5
その他のストーリー
null
DESIGN | 2020/03/09
ビーチの必須アイテム:RIMOWA x Garrett Leight
null
DESIGN | 2020/02/19
テクノロジーが融合した旅行:Moncler RIMOWA 「リフレクション」
null
DESIGN | 2020/02/18
RIMOWA and StockX チャリティー
null
DESIGN | 2020/01/15
DIOR and RIMOWA コレクション、隠された匠の技
null
DESIGN | 2019/12/18
RIMOWA x apartamento:建築を再考する
null
DESIGN | 2019/12/17
RIMOWAの歴史を振り返る「RIMOWA アーカイブ コレクション 1898-2019」
その他のストーリー